ピニトールの肝機能改善効果

肝機能改善

 

ウコンよりも効果!?ピニトールの肝機能改善作用

 肝臓の機能を高めてくれる作用としてはウコンなどに含まれるタウリンの作用が有名ですが、ピニトールはどういうメカニズムで、肝臓の機能を強化してくれるのでしょうか?

 

ピニトールは、肝臓の抗酸化活性を刺激して、肝臓で生成されるグルタチオンの増加を促すことで、肝臓を保護する作用があると考えられている様です。

 

肝臓の酸化が進むと、肝臓の組織がダメージを受けて、その機能がどんどんと弱くなってしまいます。ピニトールは肝臓の酸化を防ぐことで、肝機能の健康を助けてくれるのです。

 

また肝臓はブドウ糖から合成されるグリコーゲンの大切な保管場所です。

 

当然ながら、肝臓の機能が低下すると、グリコーゲンの合成能力も低下してしまいますので、血糖値管理においては、肝臓の健康を考えることも大切です。