糖尿病性網膜症と白内障

糖尿病性網膜症と白内障

 

糖尿病性網膜障害とは

 

 糖尿病の合併症のうち、糖尿病性網膜症と白内障による失明は深刻な問題です。

 

網膜には、栄養を補給する多くの血管がありますが、高血糖状態が進行すると、これらの血管壁が脆くなったり、動脈瘤を作ったり、血栓ができるなどして、網膜を張りめぐる血管へのダメージが大きくなっていきます

 

。糖尿病性網膜症は、これらの血管が損傷することで発生すると考えられています。

 

白内障も高血糖が原因の一つ

 白内障も、網膜症と同様に高血糖が引き金となっています。高血糖からくるポリオール代謝異常によるソルビトールの蓄積や、糖化最終生成物(AGEs)が水晶体に蓄積することで、水晶体蛋白が混濁し糖尿病性白内障が引き起こされると考えれられていますが、現時点ではまだその発症メカニズムは詳しく解明されていません。

 

ピニトールが含まれる食品
ピニトールのサプリメント